インディペンデント・レーベル協議会とは

subtitle

日本のインディーズ・シーンは、日本のインディーズ・シーンは、メジャーへの登竜門として、自分が欲する音楽の追及をする場としてなど、様々な考えの人達によって成り立っています。

その様な様々な人たちが活躍する場であるインディーズ・レーベルは、正確には把握出来ないくらい存在します。
さらには新たな考えや感覚を持った人達が、日々参加してきております。

ジャンルに関してもポップスやロックは言うに及ばず、演歌からジャズ、クラッシックまで、全てのジャンルでインディーズ・レーベルが存在し、それぞれの活動を繰り広げております。

こんな混沌とした状況にあるからこそ、多くの人達に受け入れられる音楽、アーティストが絶え間なく育って行くのだと思っております。

我々インディペンデント・レーベル協議会(ILCJ)は、レコード製作者として、自らの制作環境の整備を行うと共に、新たに創り手として自らの道を切り開こうとしている方々へのお手伝いをしていこうと、平成1 5年に設立された任意団体です。
いまだ弱小団体ではありますが、権利の擁護、主張並びに会員の権利に対する対価の分配等を行っております。メジャーへの登竜門として、自分が欲する音楽の追及をする場としてなど、様々な考えの人達によって成り立っています。

その様な様々な人たちが活躍する場であるインディーズ・レーベルは、正確には把握出来ないくらい存在します。
さらには新たな考えや感覚を持った人達が、日々参加してきております。

ジャンルに関してもポップスやロックは言うに及ばず、演歌からジャズ、クラッシックまで、全てのジャンルでインディーズ・レーベルが存在し、それぞれの活動を繰り広げております。

こんな混沌とした状況にあるからこそ、多くの人達に受け入れられる音楽、アーティストが絶え間なく育って行くのだと思っております。

我々インディペンデント・レーベル協議会(ILCJ)は、レコード製作者として、自らの制作環境の整備を行うと共に、新たに創り手として自らの道を切り開こうとしている方々へのお手伝いをしていこうと、平成1 5年に設立された任意団体です。
いまだ弱小団体ではありますが、権利の擁護、主張並びに会員の権利に対する対価の分配等を行っております。

ILCJの取り組み

  1. レコード製作者の権利行使を、権利者である会員から委任を受けて社団法人日本レコード協会と交渉し、再分配を行っています。
  2. 会員が提出した正味出荷(納品から返品を差し引いたもの)データをまとめ、データに沿った配分を実施しています。
  3. 会員の身近なテーマを題材にしたセミナーを開催しています。
  4. 関係官庁や関係法人との連携を取りながら、海外音楽見本市に関する情報提供など、会員へのサービスを検討・実施しています。
  5. 世界最大級のショーケース・フェスティバル「SXSW」へ、会員各社様の所属アーティストにILCJ公式サポートアーティストとしてサポート活動をしています。

二次使用料分配の流れ

ご入会の案内